Hardcore Superstar, Michael Monroe @ Shinkiba Studio Coast June 3, 2011

RSS
Condividi

Giu 4 2011, 12:33

Fri 3 Jun – MICHAEL MONROE / HARDCORE SUPERSTAR Sensory Overdrive Worldtour 2011
http://www.creativeman.co.jp/artist/2011/06mm_hcss/


Hardcore Superstar】 18:30- 19:24
(Gothenburg, Sweden, hard rock, slease rock, similar to CRASHDÏET, Vains of Jenna, Crazy Lixx, Babylon Bombs, Gemini Five)
official http://www.hardcoresuperstar.com/
facebook http://www.facebook.com/OfficialHardcoreSuperstar
myspace http://www.myspace.com/hardcoresuperstar
last.fm http://www.last.fm/music/Hardcore+Superstar
wiki http://en.wikipedia.org/wiki/Hardcore_Superstar

(members)
Joakim "Jocke" Berg - vocals (1997–present)
Martin Sandvik - bass (1997–present)
Vic Zino - guitar (2008–present)
Magnus "Adde" Andreasson - drums (1999–present)

(former members)
Thomas Silver- guitar (1997–2008)
Mika Vainio - drums (1997–1999)

(setlist)
01 Sadistic Girls
02 Guestlist
03 Liberation
04 My Good Reputation
05 Wild Boys
06 Dreamin' In A Casket
07 Bully
08 Here Comes That Sick Bitch
09 Last Call for Alcohol
10 Moonshine
11 We Don't Celebrate Sundays


原発事故でライブが軒並み中止になったので、Hardcore Superstarも見られることなので、普段なら行かないだろうMichael Monroeに行くことにしました。入梅して雨が心配だったが、当日は晴れたのでよかった。開場時間はまだ明るい。もう6月ですものね。
早く行って、2階席に座ろうと思ったら、チケットがあんまり売れていないらしく、2階は入場禁止だったので、仕方なく後ろの高台に行った。良く見ると1階も両端は仕切られて狭くなっていた。

開演のほぼ6時半にスタート。黒地に赤い字でバンド名が書いてあるバックドロップ。アンプはマーシャルでパスドラムはTAMAだった。歌は歌えるほどは知らないのだけれど、繰り返しで歌詞が聞き取れたので、サビだけはみんなと一緒に歌ってみた。なかなか、あおりも上手で楽しかったです。
Last Call For Alcoholでは観客サビをにシンガロングさせ、男女1名ずつステージに上げて同様にサビを歌わせていた。

Michael Monroe】19:55 - 21:00
(Matti Fagerholm, born on June 17, 1962 in Helsinki, Finland, hard rock, glam rock, 80s, similar to Domolition 23., Hanoi Rocks, Jerusalem Slim, Andy McCoy, Hardcore Superstar)
official http://www.michaelmonroe.com/site/
myspace http://www.myspace.com/michaelmonroeofficial
facebook http://www.facebook.com/michaelmonroeofficial
twitter http://www.facebook.com/michaelmonroeofficial
last.fm http://www.last.fm/music/Michael%2520Monroe?ac=michael%20mon
wiki http://en.wikipedia.org/wiki/Michael_Monroe
wiki(JPN) http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%B1%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%AD%E3%83%BC

(members)
Michael Monroe (voclal, multi instrument)
Sami Yaffa (bass guitar)
http://en.wikipedia.org/wiki/Sami_Yaffa
Ginger (guitar)
http://en.wikipedia.org/wiki/Ginger_(singer)
Steve Conte (guitar)
http://en.wikipedia.org/wiki/Steve_Conte
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%86
Karl Rockfist (drums)
http://en.wikipedia.org/wiki/Karl_Rosqvist

(setlist)
01 Trick Of The Wrist
02 Got Blood?
03 Modern Day Miracle
04 Motorvatin'
05 Hammersmith Palais
06 '78
07 Nothin's Alright
08 Not Fakin' It
09 Superpowered Superfly
10 Bombs Away
11 Boulevard Of Broken Dreams
12 Back To Mystery City
13 Malibu Beach Nightmare
14 Dead, Jail or Rock 'n' Roll
----encore----
15 I Wanna Be Loved
16 Taxi Driver
17 Blitzkrieg Bop (The Ramones cover) with Michael drums, and Ginger vocal

以前に見たときの印象が非常に悪かったので、敬遠していたのですが、マイケル自身は今日も元気でマイクスタンドをくるくるしたり、上げ下げしたりしていました。ステージ左右に3台積んだアンプの上に乗って歌ったり、サクソフォーンやハーモニカ吹いたり、最後は(もちろん上手ですが本物のプロに比べれば)下手だけどドラムも打ってました。途中から沢山写真の付いたカードを前の方にばら撒いていました。
禁煙・禁酒で食べ物にも気を使って自転車を移動手段としているそうですが、よくこんな時期に放射能だだ漏れで先のわからない日本に来てくれました。

Gingerは、登場すると顔を白く塗っていて目を黒く塗っていたが、段々色落ちして、アンコール時は洗ったのか拭いたのか、すっかり色落ちしていました。
Michaelはマイク振り回しすぎか、スタンドでくるくる絡めすぎたか、一度音が切れてGingerのマイク使おうとしたけど伸びなくて、結局日本人スタッフが持ってきたマイクを使っていました。

アンコールの最後のBlitzkrieg Bopの時、マネージャーにもうちょっと出来ないか聞いてきてくれってドラム打ちながら言っていたけど、会場の人に断られたようなことをマネージャーが身振りで言っていた様な気がする。こんな時だから、開場も気を利かせて少しくらいやらせてくれてもいいのに、残念でした。

Commenti

Aggiungi un commento. Accedi a Last.fm o registrati (è gratuito).