Loud Park 09 - 20091017 @ Makuhari Messe, Chiba, Japan

RSS
Condividi

Ott 21 2009, 14:19

Sat 17 Oct – Loud Park 09
official http://www.loudpark.com/09/
live report http://www.loudpark.com/09/gallery/index.html


Blessed By A Broken Heart】11:00 -
中央のボーカルTony Gambinoは、上半身裸。膝が切れてて膝小僧が見えている黒いパンツ。途中で一度ステージを降りて、観客席の真ん中の通路を歩く。触ろうと沢山の手が出てくる。時折観客の手にタッチしたりする。また、観客にサークルピットを煽ったりもしていた。「一緒に楽しもうぜ。トウキョウサイコー!!Steel Pantherも聞き逃すなよ!」などと言ってました。
ドラムのIan Slaterは、黒いサングラスに黒のヘッドバンド。リズムギターのCasey Jonesは、BBABの黒Tシャツ。
ステージの上手と下手から時折りスモークが噴出。Move Your Bodyはとっても乗りが良くて、CS放送でもかかったりするので良く知っている人も多く、会場は沸き立っていました。
MCでみんなに手を挙げて振るように指示したり、「トウキョー、サイコー!」、「次のSteel Panther…も聞き逃すなよ。」などと言ってました。

(setlist)
http://www.setlist.fm/setlist/blessed-by-a-broken-heart/2009/loud-park-festival-makuhari-japan-6bd7e2ba.html
01 She Wolf / Pedal To The Metal
02 Show Me What You Got / Pedal To The Metal
03 Blood On Your Hands / Pedal To The Metal
04 Side By Side / Pedal To The Metal (Japanese bonus track)
05 Carry On / Pedal To The Metal
06 To Be Young / Pedal To The Metal
07 Move Your Body / Pedal To The Metal


(members)
Tony Gambino - Lead Vocals (2007-present)
Sean Michael Maier aka "Shred Sean" - Lead Guitar (2005-present)
Tyler Hoare - Bass (2003-present)
Ian Slater - Drums (2008-present), keyboard (2008)
Casey Jones - Rhythm Guitar (2008-present)
Rex Kreuger - Keyboard (formerly known as Ben Schauland formerly of now defunct Still Remains) (2008- present)

(Montreal, Canada, since 2002, metalcore, glamcore, hardcore, christian, metal, similar to MYCHILDREN MYBRIDE, Gwen Stacy, War of Ages, Destroy The Runner, Sea of Treachery)
myspace http://www.myspace.com/blessedbyabrokenheart
last.fm http://www.last.fm/music/Blessed%2520by%2520a%2520Broken%2520Heart?ac=blessed%20by%20a%20broken
wiki http://en.wikipedia.org/wiki/Blessed_by_a_Broken_Heart

Steel Panther】11:40 -
ドラムは、頭に花火のような白い模様のヘッドバンドかなにかをしている。
ベースは銀ラメのパンツ。
これぞヘアーメタルといったカッコイイ衣装。デイビッド・リー・ロスがいた頃のバンヘイレンみたい。皆かっこいいですねちょっと年食って少しだけ太目の方もいらっしゃいますが・・・。見た目が見せるばかりでなく、パフォーマンスも見せる。隙がありません。演奏中も何度も決めポーズのようなのをとります。
Asian Hookerでは、中国風の琴を弾くようなメロディから始まります。
演奏も上手ですね。ステージ前で三人並んで演奏する様は絵になってます。歌詞もお下品を超える卑猥なものですが、MCもひどい。英語がよくわからないので顔を赤らめないで聞けますが、ネイティブの人が聞いたら赤面するか怒り出しそうです。

バンドの紹介では、豹のうなり声さ、などどいって、「ヒュー、ヒュー。」と真似をする。
途中のメンバー紹介では、宇宙一素晴らしいギタリストとか、ロサンゼルスからはるばる来た凄いヘヴィーメタル界随一のリードシンガーとか、とにかく褒め称える。お下品も忘れずに、「彼はゲイじゃないけど、一度男とやったんだぜ。」とか「東京に来れてうれしいよ。ママには、パパにやらせてくれて9か月後に×××から生み出してくれてありがとう!・・・・」なあんて言っている。
Fat Girlでは、「デブ女とやるの好きな奴いるかい?1982年に(年はちがってるかも)デブの彼女がいてさ、・・・次の曲はFat Girlだよ。」などどいう。曲は、80年代に聴いたような分りやすいメロディー。しかし歌詞がなんとも形容しがたい、卑猥、下品、ひどすぎる、でもおかしい。日本人で良く聴きとれないのがいいのか悪いのか…。

メンバーに対してお互いに「愛してるよ。」などと盛んに言う。パーティーし通しだとか、David Lee Roth, Eddie Van Halen, Jimmy Page, Robert PalmerがどうのWingerのギタリストがどうたら、Broke Back Mountainの奴らみたいとか言う。観客に向かっても「女性でいろんな男性と性交渉を持つのが好きな人は?男で、イケてるギャルとやりたい奴はどんだけいる?動物園に行くの好きな奴らは?」なんて聞く。

途中Satchelのギターソロ。あれれ!?なんだか聞いたようなリフ!?と耳を澄ますと、Smoke on the water (Deep Purple), Breaking The Law(Judas Priest), The Trooper(Iron Maiden),Sweet Child Of Mine (Guns N' Roses), Iron Man(Black Sabbath), 最後にドレミの歌などなどだったかと。

新アルバムの宣伝も忘れない。「バックステージに戻る前にもう一曲やる。最高の曲をフィーチャーしてるスティール・パンサーの"Feel Steel"を買えよ。」だそうです。
最後は、おなじみの"Death To All But Metal"。ベースとボーカルがジーンズ地のジャケットを着て、背中を示すとこの文字が赤く書かれていた。観客に「なんて書いてある?」と聞くと、観客も大声で、DEATH TO ALL BUT METAL!!"と叫び返す。
最後に、ステージ中央前に4人揃ってお辞儀。ドラムスティックなどを投げていた。素晴しいショーでした。

(setlist)
http://www.setlist.fm/setlist/steel-panther/2009/loud-park-festival-makuhari-japan-63d7e2bf.html
01 Eyes of a Panther / Feel the Steel
02 Asian Hooker / Feel the Steel
03 Fat Girl (Thar She Blows) / Feel the Steel
04 Community Property / Feel the Steel
05 guitar solo
06 Party All Day (Fuck All Night) / Feel the Steel
07 Death To All But Metal / Feel the Steel
※ lyrics http://www.metrolyrics.com/steel-panther-lyrics.html


(members)
drummer スティックス・ザディニア(ダレン・リーダー)"Stix Zadinia" (real name Darren Leader)
twitte http://twitter.com/Stixzadinia
guitarist サッチェル"ラス・パリッシュ" "Satchel" (real name Russ Parrish)
twitter http://twitter.com/satchel666
singerマイケル・スター"ラルフ・サインズ" "Michael Starr," (real name Ralph Saenz)
bassist "Lexxi Foxxx" (real name Travis Haley)

(Los Angeles, California, USA, since 2000, glam metal, heavy metal, hard rock, parody, similar to Metal Skool, Hot Let, Mötley Crüe, Stone Gods, Tigertailz)
myspace http://www.myspace.com/steelpantherkicksass
official http://www.steelpantherrocks.com/
twitter http://twitter.com/steel_Panther
last.fm http://www.last.fm/music/Steel%2520Panther
wiki http://en.wikipedia.org/wiki/Steel_Panther
wiki(JPN) http://ja.wikipedia.org/wiki/Steel_panther

Outrage】12:25 -
この間、あちこちに行ってしまったので、最初くらいしか見ていません。音が大きい。

(setlist)
http://www.setlist.fm/setlist/outrage/2009/loud-park-festival-makuhari-japan-73d7e2bd.html
SE Imigrant Song
01 Megalomania
02 You Suck
03 Under Control Of Law
04 Death Trap
05 Rise (new song)
06 Fangs (イントロCDRあり)
07 My Final Day
08 Madness


(members)
橋本直樹 Naoki Hashimoto (Vocal, 1986-1998, 2007-present)
阿部洋介 Yousuke Abe (Vocal, Guitar)
安井義博 Yoshihiro Yasui (Vocal, Bass)
丹下眞也 Shinya Tange (Drums)

(Nagoya, Japan, since 1982, heavy metal, thrash metal, hard rock, similar to Casbah, Cerberus)
myspace http://www.myspace.com/outrageousjapanese
official http://www.outrage-jp.com/
last.fm http://www.last.fm/music/Outrage
wiki http://en.wikipedia.org/wiki/Outrage_(band)
wiki(JPN) http://ja.wikipedia.org/wiki/Outrage

Firebird】13:15 -
ナパーム・デス、カーカスにいたBill Steerがやっているバンドです。こちらは、良質なブルーズロック、落ち着いて聞ける感じです。こういうのもいいですね。MCほとんどなしで進行していきます。

(setlist)
01 Blue Flame / Grand Union
02 Jack the Lad / Grand Union
03 Horse Drawn Man / Hot Wings
04 Silent Stranger / Grand Union
05 Fool for You / Grand Union
06 Meantime / Firebird
07 Hardened Sole / Firebird
08 Wild Honey / Grand Union
09 Torn Down / Firebird
10 Zoltana (Drum solo) / Deluxe
11 Four Day Creep / Grand Union
12 Slow Blues (Harmonica) / Deluxe


(members)
ビル・スティアー Bill Steer - (Guitar, Vocals, Harmonica, 1999- ) ナパーム・デス、カーカスに在籍していた。
ハリー・アームストロング Harry Armstrong - (Bass, 2006- )
ルディック・ヴィット Ludwig Witt - (Drums, 1999-2001,2005- ) スピリチュアル・ベガーズでも活動。

(London, England, stoner rock, blues rock, hard rock, similar to Greenleaf, Five Horse Johnson, Spiritual Beggars, Kamchatka, Fireball Ministry)
myspace http://www.myspace.com/firebirdblues
last.fm http://www.last.fm/music/Firebird?ac=firebird
wiki http://en.wikipedia.org/wiki/Firebird_(band)
wiki(JPN) http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%89_(%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%89)

Loudness】14:10 -
次のバンドのスタート間際までやってくれました。最後の方しか見れませんでしたが、素晴らしい演奏とファンサービスですね。

(setlist)
http://www.setlist.fm/setlist/loudness/2009/loud-park-festival-makuhari-japan-63d7e2b3.html
SE 君が代
01 Fire Of Spirit
02 Hell Rider
03 Crazy Night
04 Heavy Chains
05 Crazy Doctor
06 In The Mirror
07 アレスの嘆き
08 Like Hell
09 S.D.I.
10 Hit The Rails


(members)
二井原実(ボーカル)第1期・第5期・第6期
高崎晃(ギター)第1期 - 第6期
山下昌良(ベース)第1期 - 第2期・第5期・第6期
鈴木政行(ドラム)第6期
R.I.P.
樋口宗孝 (ドラムス)第1期 - 第3期・第5期

(Tokyo, Japan, since 1981, heavy metal, similar to Anthem, Earthshaker, 44magnum, EZO, Vow Wow)
myspace http://jp.myspace.com/loudnessisback
official http://loudness.jp/
last.fm http://www.last.fm/music/Loudness?ac=loudness
wiki http://en.wikipedia.org/wiki/Loudness_(band)
wiki(JPN) http://ja.wikipedia.org/wiki/LOUDNESS

Dokken】15:05 -
バックドロップは、赤と白の炎のような鳥模様に青地でDOKKENのロゴ。
ボーカルのDon Dokkenは、下はブルージーンズに上は袖なし黒前秋シャツか何か。首に銀色の二重のネックレス。ベースも上は似たような格好で下はストライプのバンツだったか。登場から透明プラカップに入ったビールを手に持っている。たぶんギターのJon Levinは演奏最中でもピックを観客席に投げたりしている。
下手からスモークが上がる。上手からもスモークがあがるが、空気がよどんでいるのかそこに充満したりしている。時折吹き溜まるスモーク。良く見えなくなる。

MCで分るもの。Breaking the Chainsの前には、「長らく会えなかったね、これは1982年に東京でやった曲だよ。」とか、盛んに観客に声援等を求めて、「だめだめ、聞こえないよ。」、「日本語ヘタで御免よ、アリガトだっけ。」などといったり、観客に「オーオーオーオー。」と自ら歌って歌わせたりした。

途中でドッケン、水を飲もうとするたぶんギターのJon Levinに、「水?駄目だよジャック・ダニエルズをやってみろよ。と持ってるスコッチウィスキーを差し出す。Jonはなおも断ろうと今度はハイネケンの緑色の缶ビールを持ち、これ飲むから勘弁してという具合にドッケンにアピールするが許してくれない。結局カップを受け取り一口だけ口をつけ返した。

This Fireでは、「新アルバム、"Lightning Strikes Again"からの曲・・・。」と紹介。
Tooth & Nailでは、上手に向かって誰かを呼ぶ。「日本ツアーを一緒に始めて15年一緒だ。ジョージ・リンチ!一緒にやろうぜ。」等と言う。なんと、George Lynch登場。観客からは凄い歓声。ステージ上ではギターに合わせて"It must be you"なんて歌う。 ギターを弾くLynch。これは素敵な驚きですね。

観客はドッケン、「もう時間?」と言っても観客が英語良く分らないので反応が今一なのか「ここ、"NO!!"って言うところだぜ。疲れたのかい?もう一曲聴きたい?」などと言う。
また、Jon Levinについて、「日本は初めてなんだよ。」だそうです。
In My Dreamが最後の曲。流石に観客も大合唱。最後は、ドッケンが"In my dreams it's still the same"と歌うと観客が"Your love is strong, it still remains"と続けた。
そして、"God bless, Good night, have a good show! bye bye!"とくくった。

(setlist)
http://www.setlist.fm/setlist/dokken/2009/loud-park-festival-makuhari-japan-73d7e2b1.html
01 Kiss of Death / Beast From the East
02 Breaking the Chains / Beast From the East
03 The Hunter / Under Lock and Key
04 Just Got Lucky / Tooth and Nail
05 Dream Warriors / Beast From the East
06 Into the Fire / Tooth and Nail
07 Alone Again / Tooth and Nail
08 This Fire / Lightning Strikes Again
09 Tooth and Nail / Tooth and Nail
10 In My Dream / Beast From the East


(members)
ドン・ドッケンDon Dokken – lead vocals, occasionally guitar (1976-1988, 1993–present)
ジョン・レヴィンJon Levin – guitar (2003–present)
バリー・スパークスBarry Sparks – bass, backing vocals (2001–present)
ワイルド・ミック・ブラウンMick Brown – drums, backing vocals (1981-1988, 1993–present)

cf. George Lynch
wiki http://en.wikipedia.org/wiki/George_Lynch_(musician)
wiki(JPN) http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%81

(Los Angeles, California, USA, 1978 - 1988, 1993 - present, hard rock, heavy metal, hair metal, 80s, rock, similar to Don Dokken, Ratt, Winger, White Lion, Cinderella)
myspace http://www.myspace.com/dokken
official http://www.dokken.net/
last.fm http://www.last.fm/music/Dokken
wiki http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B1%E3%83%B3
wiki(JPN) http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%8D%E3%83%9F%E3%83%BC

Anthrax】16:10 -
バックドロップは、赤か紫の放射状の模様の中に黒でAnthraxのロゴ。ボーカルのJohn Bushは下黒パンツ、上白のTシャツにDeadwoodとかの文字入り。スニーカーも黒。ギターのRob Gaccianoは、上下黒でパンツは膝下丈。多分もう一人のギターのScott IanはAnthraxの黒Tシャツ。ベースのFrank Belloは帽子をかぶっている。正確なのはオフィシャルの写真を見てください。バスドラムが結構でかい音を出している。
ボーカルは、上手にあるステージ上から下りてきているロープによじ登ぼりぶら下がる振りをしたり、下手の端の黒幕の前に行って歌ったりする。

観客の声が小さいと感じたのだろうか、どこかで「アンスラックスのへヴィーメタル聴く用意は出来てるかー。聞こえないぞ。」とか言って耳の手を当てる。と、ギターのRobは両手を目の前に持ってきて泣く真似をしたり、もう一人のギターのScottは両手を合わせて右頬の横に置き眠る真似をしたりする。
Anthraxでも観客に「オーオーオーオー。」と歌わせる。観客も上手に同じように歌う。またAntisocialの最後では、アカペラで観客に呼びかけて観客に何度か叫ばせていた。またどこかで観客に手をあげさせたりもしていた。

Saf Homeでは、「次の曲は何処にいようととても心地よい気持ちの歌だ。信じられないけど日本に来るときは毎回必ず君ら日本人は素晴しい。君らに捧げよう。君らは俺等のSafe Homeっていうきもちにさせてくれるよ!」と言ってくれる。
Onlyが始まる前にまた、観客に色々な音程で"O-N-L-Y!"と歌わせる。時には指揮者みたいに身振りで観客に長ーく声を出させたりする。

ボーカルは最後の曲Indiansが終わると自ら拍手する。ギターのRob Caggianoが、「アリガト日本。来年新アルバムで会おう、ありがとう。」と締めくくった。

(setlist)
01 What Doesn't Die
02 Fueled
03 Caught in a Mosh
04 Antisocial
05 Catharsis
06 N.F.L
07 Safe Home
08 Room For One More
09 Metal Thrashing Mad
10 Only
11 Bring The Noise
12 Indians


(members)
Rob Caggiano (ロブ・カッジアーノ)– lead guitars (2001–2005, 2007–present)[16]
Scott Ian (スコット・イアン)– rhythm guitar, backing vocals (1981–present)
Frank Bello (フランク・ベロ)– bass, backing vocals (1984–2004, 2005–present)
Charlie Benante (チャーリー・ベナンテ)– drums, percussion (1983–present)
Touring member
John Bush (ジョン・ブッシュ)(2009-present) – lead vocals

(N.Y., USA, since 1981, thrash metal, heavy metal, speed metal, similar to Exodus, Testament, Overkill, Megadeth, Annihilator))
myspace http://jp.myspace.com/anthrax
official http://anthrax.com/NFWS/
last.fm http://www.last.fm/music/Anthrax
wiki http://en.wikipedia.org/wiki/Anthrax_(band)
wiki(JPN) http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9

Arch Enemy】17:30 -
ステージ左右に"The Root Of All Evil"の赤・白・黒のアルバムジャケ模様の衝立のようなのがあり、メンバーが隠れられるようになっている。バスドラムの模様も同じ柄。
始まる前から会場にはロメイックサインが沢山出されている。暗いステージに赤い光。暗い中、テープでintroが流れる。とメンバー登場、皆上下黒で左腕に赤い腕章をしている。
ボーカルのAngela Gossowは、黒い丸首の長袖シャツにぴったりしたレザーバンツ。まるでフットボールの選手みたいに目の下に白い線を入れている。美しい上にスタイルがいい。ベルトに長い銀色の鎖が下がる。どうしてあんなに迫力のあるデスボイスがでるのだろうか。結構真剣な顔をして歌っている。少な目のMCでは普通の声だが息が切れているのが分る。「私達は、アーチ・エナミー。」と発音していた。あまりステージ上を動き回ったりはしない。ヘドバンも控えめだが切れがいい。
Christopher Amottだけ髪が短い。お兄さんよりハンサムかも。
お兄さんのMichael Amottは髪が赤くて、色が白くって透けるようなかんじ。クラウドサーフ、サークルピットなどあり。

曲は、デスボイスが素晴しいだけでなくギターリフも聴いてて気持ちがよくなる。特に、アモット兄弟のギターが重なったりするとそのハーモニーがまたいい。ギターは、何度か観客に見せる部分がある。

ピック投げて一度下手から出る。
弟のソロ。直ぐに兄もステージに戻り二人で弾く、最後にAngelaと他のメンバーも出てくる。
最後にステージ前で、4人で肩組んでお辞儀。MC少な目だけど、緊張感のあるいいステージでした。

(setlist)
Intro (Tape)
01 Bury Me An Angel
02 Revolution Begins
03 The Immortal
04 Ravenous
05 Beast Of Man
06 Snow Bound
07 Pilgrim
08 The Last Enemy
09 I Will Live Again
10 Demonic Science
11 Bridge Of Destiny
12 Nemesis
13 Fields of Desolation (outro)


(members)
アンジェラ・ゴソウAngela Gossow − vocals (2001–present)
マイケル・アモットMichael Amott − lead and rhythm guitar, backing vocals (1996–present)
クリストファー・アモットChristopher Amott − lead and rhythm guitar (1996–2005, 2007–present)
シャーリー・ダンジェロSharlee D'Angelo − bass guitar (1999–present)
ダニエル・アーランドソンDaniel Erlandsson − drums (1996, 1998–present)

(Halmstad, Sweden, since 1995, melodic death metal, female fronted metal, swedish, similar to Dark Tranquility, Amon Amarth, Children of Bodom, In Flames, At the Gates)
myspace http://www.myspace.com/archenemy
official http://www.archenemy.net/
last.fm http://www.last.fm/music/Arch%2520Enemy
wiki http://en.wikipedia.org/wiki/Arch_Enemy
wiki(JPN) http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%8D%E3%83%9F%E3%83%BC

Megadeth
introは戦争のラッパの音みたい。その後コーラスのようなの。ステージが明るくなる。
バックドロップは、大きなMegadethのロゴ。ボーカルとギターのDave Mustaineは腕にMegadethのリストハンド。デイブの背中には数字の9かなにかと羽模様。上手のギターのChris Broderickは、黒地に青のMegadethTシャツ。下手にベースのJames Lomenzo。時々位置を入れ替わったりして演奏する。Daveは何故か下手のアンプの前に行ってアンプの方を向いて後ろ向きで演奏する時がある。
時折ステージから沢山フラッシュに近いような白い光の点滅があり眩しい。会場は、サークルピットもクラウドサーフもありました。
スローテンポの曲でステージ前の3人が揃ってゆっくり目のヘドバンをする姿もなかなか揃ってて見ごたえがある。

ベースのIan Hillのさらさら長い髪の頭を横に振るヘドバンも素敵。
途中でのデイブのMC。「日本人は、ホントに礼儀正しいね。それでオーケーさ、礼儀正しく、"Fuck you very much!"っていえばいいのさ。」見たいな感じ。
また、Rattleheadでは、「次の曲はBURRN!マガジンのの友達に捧げる。」とのMC。

アンコールの登場時にデイブ、「ドウモ"fucking"アリガト"much"。」て言う。メンバー紹介。
曲が終わると最後は、メンバー同士ハイタッチ、4人揃ってのお辞儀。手を繋いで揚げたり舞台挨拶のよう。来てくれて有難うと言って深く頭を下げる。

(setlist)
intro:
01 Set The World Afire
02 Wake Up Dead
03 Hangar 18
04 Skin O' My Teeth
05 Head Crusher
06 She-Wolf
07 In My Darkest Hour
08 Tornado Of Souls
09 1,320'
10 Devil's Island
11 Kick The Chair
12 Sweating bullets
13 Rattlehead
14 Symphony Of Destruction
15 Peace Sells
----encore----
16 Holy Wars - Mechanix - Holy Wars


(members)
デイヴ・ムステインDave Mustaine – lead vocals, guitar (1983–present)
クリス・ブロデリックChris Broderick – guitar, backing vocals (2008–present)
ジェイムズ・ロメンゾJames Lomenzo – bass guitar, backing vocals (2006–present)
ショーン・ドローヴァーShawn Drover – drums, percussion (2004–present)

(Los Angeles, USA, 1983 - 2002, 2004 - present, thrash metal, heavy metal, speed metal, similar to MD.45, Anthrax, Testament, Slayer, Kreator)
myspace http://www.myspace.com/megadeth
official http://www.megadeth.com/home.php
last.fm http://www.last.fm/music/Megadeth
wiki http://en.wikipedia.org/wiki/Megadeth
wiki(JPN) http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%AC%E3%83%87%E3%82%B9_(%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%89)

Judas Priest】20:20 -
ステージ前に黒幕。暗転するとそこに緑のレーザーでハンマーを叩くようなアニメチックな男の姿が映し出される。
バックドロップは、Iron Steelと書かれている。ステージは、イギリスの70年代以降の工業化社会の光景のよう。アンプのまえが丁度大きな木箱のようになって、灰色か黒に灰色のイギリス国旗の薄呆けたような模様。緑のレーザー男は曲の途中でも現れた。
ロブのジーンズ地の鋲飾りの沢山ついた袖なしジャケットの後ろに銀色の取替え式の両刃剃刀模様が入っている。バスドラムも剃刀柄(アルバム"British Steel"のジャケの模様)。
ロブの「今日は、"British Steel"から全部の曲をやるよ。」のMCでスタート。"Breaking the Law"では、ロブの"Breaking the what?"の質問に観客一同大きな声で、"LAW!"と答える。もちろん観客も大合唱。

Steelerが終わると暗転。バックドロップが落ちてノストラダムスのバックドロップになる。生で見るとノストラダムスの目が赤く光っているが、スクリーンで見ると目が無くただの暗闇の眼孔となっている。ロブの衣装も黒い長いガウン状のものになるがやはり銀色の鋲飾りが沢山ついている。黒い手袋をしている。Victim Of Changesが終わると一旦また暗転し、ステージ下手に掃けるメンバー。

暫くの観客の歓声と手拍子、拍手ののち、ステージライトが付く。ステージの前の上には、Limited EditionのCollectors Boxの上にある幾何学模様化したマークが三つ赤く光っている。バックドロップも98 Live Meltdownのアルバムジャケのような"中"の両角の上端から角が生えたような形の模様のようなのに変わる。
2人のギターソロも素晴しい。
バックドロップはバンドロゴに変わっている。
ハーレーにまたがって登場するロブ。ステージ中央で停まると、乗ったまま歌う。ロブ。歌ってないときは手を広げたり、エアーギターしたり見てると結構面白い。
最後の曲の前あたりで、ロブが観客に散々「オーオーオーオー。」とか「イエーイエーイエーイエー。」とか自ら手本を示して歌わせる。これ、今日の出演バンドのお決まりなんだろうか。
最後にドラムはスティックを4本投げ、ギターはピックを投げる。メンバー中央に並んで手を上げ挨拶。会場からは割れんばかりのJudas Priestコールが鳴り止まない。

(setlist)
01 Rapid Fire / British Steel
02 Metal Gods / British Steel
03 Breaking the Law / British Steel
04 Grinder / British Steel
05 United / British Steel
06 You Don't Have to Be Old to Be Wise / British Steel
07 Living After Midnight / British Steel
08 The Rage / British Steel
09 Steeler / British Steel
10 The Ripper / Sad Wings of Destiny
11 Prophecy / Nostradamus
12 Hell Patrol / Painkiller
13 Victim of Changes / Sad Wings of Destiny
----encore----
14 Freewheel Burning / Defenders of the Faith
15 Diamonds and Rust / Sin After Sin
16 You've Got Another Thing Coming / Screaming for Vengeance


(members)
ロブ・ハルフォードRob Halford – lead vocals, harmonica (1973–1991, 2003–present)
グレン・ティプトンGlenn Tipton – guitars, keyboards, piano, synthesizer, guitar synthesizer, backing vocals (1974–present)
K. K. ダウニングK. K. Downing – guitars, guitar synthesizer, backing vocals (1970–present)
イアン・ヒルIan Hill – bass guitar, backing vocals (1970–present)
スコット・トラヴィスScott Travis – drums, percussion (1989–present)

(Birmingham, England, since 1969, heavy metal, nwobhm, hard rock, classic rock, similar to Halford, Black Sabbath, Saxon, Iron Maiden, Accept)
myspace http://profile.myspace.com/index.cfm?fuseaction=user.viewprofile&friendid=210419730
official http://www.judaspriest.com/home/default.asp
last.fm http://www.last.fm/music/Judas%2520Priest
wiki http://en.wikipedia.org/wiki/Judas_Priest
wiki(JPN) http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%80%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88

Sanctuary Stage、その他、見れなかったもの等
【Liv Moon】12:00 -
(member)
Akane Liv(Vo)
Tatsuya Nishiwaki(Key)
Youichi”HEESEY”Hirose(B)
Kozo Suganuma(Ds)
Akitoshi Kuroda(G)
http://www.loudpark.com/09/lineup/artists/liv.html
blog http://blog.livedoor.jp/akaneokamoto/

【Fade】13:05 -
(member)
Vocal / Jonathan Underdown
Guitar / Kansei Miyaji
Guitar / 5°
Bass / noriyuki
Drums / rui
(Tokyo, Japan, japanese rock)
myspace http://www.myspace.com/fadedivision1jp
official http://fadeonline.com/
last.fm http://www.last.fm/music/Fade?setlang=en

【Hiroaki Tagawa (田川 ヒロアキ)】14:10 -
official http://fretpiano.com/hiechan/

【Led Zepagain】15:20 -
(members)
David Swan Montgomery - vocal
Jim Wootten - Bass, Keyboards, Mandolin, Acoustic, backing vocals
Steve Zukowsky - guitar
Jim Kersey -drums
(Droghede, Ireland, Led Zeppelin tribute band, classic rock, rock, similar to The Beatless, Jimmy Page, Rick Wright, The Cross, Roger Taylor)
official http://www.zepagain.com/
last.fm http://www.last.fm/music/Led%2520Zepagain

【Lynch Mob】16:20 -
(Los Angeles, CA, USA, Lynch Mob are a band featuring former Dokken guitarist George Lynch, hard rock, hair metal, heavy metal, similar to George Lynch, Dokken, BulletBoys, Winger, Blue Murder)
myspace http://profile.myspace.com/index.cfm?fuseaction=user.viewprofile&friendid=365970521
last.fm http://www.last.fm/music/Lynch%2520Mob?ac=lynch%20mob
wiki http://en.wikipedia.org/wiki/Lynch_Mob_(band)

【Poison The Well】18:20 -
(members)
Jeffrey Moreira – vocals (1998 – present)
Ryan Primack – guitar (1997 – 1998, 2001 – present)
Chris A. Hornbrook – drums (1997 – present)
Bradley Grace – bass guitar (2008 – present)
Bradley Clifford – guitar (2008 – present)
(Miami, Florida, USA, since 1997, hardcore, metalcore, post-hardcore, screamo, mtal, similar to Hopesfall, Misery Signals, Norma Jean, The Bled, Every Time I Die)
myspace http://profile.myspace.com/index.cfm?fuseaction=user.viewprofile&friendid=4385025
last.fm http://www.last.fm/music/Poison%2520the%2520Well
wiki http://en.wikipedia.org/wiki/Poison_the_Well
日本語 http://www.howling-bull.co.jp/bands/bands_000075.html

【Ace Frehley】キャンセル
(Paul Daniel Frehley, aka Ace Frehley (born April 27, 1951) is an American guitarist best known as a founding member and lead guitarist for the rock band KISS. hard rock, classic rock, glam rock, heavy metal, similar to Peter Criss, Gene Simmons, Paul Stanley)
myspace http://www.myspace.com/acefrehley
official http://www.acefrehley.com/
last.fm http://www.last.fm/music/Ace%2520Frehley?ac=ace%20frehley
wiki http://en.wikipedia.org/wiki/Ace_Frehley
wiki(JPN) http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC

Commenti

Aggiungi un commento. Accedi a Last.fm o registrati (è gratuito).